ある意味、真理。

勉強していい大学に行きなさい。
まずは大学を卒業してから、やりたいことがあればそっちにいけばいい。
仕事は何をするの?アルバイトなんて・・・
派遣なんて、後に何が待っているの?
ふらふらしていないで、定職に就きなさい。
 
全部親に言われてきたことだけど、これ、正しいと思うのは、
30間近になった時だと思われる。
 
勉強?え~部活あるし、友達と遊ぶし。
大学?え~、今遊びたいんだけど~。(でも一応大学は行った)
仕事?わかんない。とりあえずバイトで良くない?
だって、正社員なんて社畜じゃん。
好きな時に好きな仕事した~い。
 
勉強していい高校行くだけでも将来の選択肢は広がる。いい大学行けばもっと広がる。
卒業後、料理人になりたければなればいい。
大学で得た知識は、お客さんと接する時、仕事をしている時、何かアクションを取らなくてはいけない時役に立つ。
アルバイト~派遣生活を意固地になって続けていたけど、ひょんなことから正社員になってしまった今、現在の収入を時給換算すると、もう派遣なんてやってらんない。
好きな仕事は仕事しているうちに見えてくることもあるかもしれない。
 
こういう話を、同年代の友達とすると、特に子供を持っている彼らは、「身に染みてわかる!」と言う。
「若い時の苦労は買ってでもせよ。」という諺は、真理だと思う。